世の中、心が貧しくなってきているのか?

最近のニュースを見ていると日本人の心が貧しくなってきているような気がする。

だってさ、2016年に問題になった「保育園の子供の声がうるさい」ってことで保育園建設反対した住民がいたでしょ?ほとんどが高齢者ですよ、反対したのは。おかしいでしょ。どんだけ自己中なんでしょうか?

子供の声が聞こえるとなんだかホッとしませんか?それなのに騒音だっていうんですからね。結局保育園は建設反対でその場所には建たなかったようだけど、信じられないようなことが起きてますよね。

先日のニュースも「除夜の鐘がうるさい」って苦情がきたとか・・・(+o+)

除夜の鐘うるさいですか??大みそかだけの恒例行事じゃないですか!!除夜の鐘を聞きたいですよね?しんみりしていいじゃないですか。それなのにうるさいって苦情をする人の気がしれない。

あとは餅つきが食中毒を起こす危険性があるとかで恒例行事が中止になったケースも2016年は多かったよね?あんなのちゃんと消毒を徹底すれば防げることだし、今までべつにそこまで神経質にならなくても何も起こらなかったのに急に何言ってるんだ?って思いましたよね。

ちょっとみんな神経質になりすぎているというか、苦情を恐れているというか、ちょっとおかしい方向に進んでいるような気がしてならないのですがどうでしょうか?

 

あそこも白髪になったら完全に中年まっしぐらだよね。

ついに私もあそこ 白髪になってました( ;∀;)

髪の毛に白髪が出たら、次はあそこにも白いの出てくるよ~なんて冗談交じりで同級生に言われていたから覚悟はしていたんだけど、いざ白髪を発見するとショックですね。いつかは出るだろうと思ったけど、40代であそこに白髪でるとは思ってなかったので。。

でもこれもしょうがないことだよね。私は30代ですでに髪の毛に白髪が出てましたからね。若白髪ではないんだけど、やっぱりね出産して仕事始めたら体が疲れてくるんでしょうね。一気に白髪が増えましたもんね。体は正直だよ。

でもみんななることなし、こんなことで悩んでいてもしょうがないので吹っ切りますがね。疲れるというので思い出したけど、長期休暇の時に旅行に行く時あるでしょ?あれって休養になってないから注意したほうがいいとテレビで言ってました。

旅行に行って次の日から仕事とかする人いるでしょ?ぜんぜん体が休まってないのに仕事とかヤバいようです。旅行に行くのならギリギリまで旅行しないで、早めに帰ってきて最後の日はゆっくり家で体を休ませないとダメなんだって。

50代になってそんなことしている旦那さんは要注意!って警告してました。

うちはそんな海外旅行したりする余裕がないのでいつも長期休暇は家でゴロゴロしているので大丈夫だけど、あまりにもゴロゴロしているのも体には悪いでしょうね。

 

口が裂けるのって食べ過ぎ?

ここ5日ほど口が裂けて治りません( ;∀;)
一時的に治っても、また大笑いしたり大きな口を開けた瞬間にピキって裂けます。これの繰り返し・・・
友達に言ったら食べすぎだと口が裂けるって。私聞いたことないんだけど?
食べすぎると口が裂けるんだ。迷信?
私は胃腸関係だと思うんだけどね、口がさけるのって。
だから寝る前とか朝起きたときにワセリン入りのリップクリームをつけています。つけると確かに治るんだけど、大きな口を開けないようにすればいいのかな、しばらくは。
忘れてつい大きな口を開けちゃうんだよね~気を付けようっと!

 

乾燥肌なんで・・・

私が子供のころに、近所に赤い顔をした高校生のお兄さんがいました。その人はちょっと不良っぽい感じの人でした。
でも何故顔が赤いのか不思議に感じていました。そのころはニキビの存在など知りませんでした。
親に聞いて後からニキビという名前があると知りました。そのころはニキビは病気なのかと思っていました。
でも自分も高校生になれば、きっとニキビで悩むのかなと漠然と思っていました。
でも私は高校生になっても、ニキビはできないまま卒業しました。高校を卒業してOLになってすぐにニキビで悩むことになりました。
そのころはファンデーションで赤い顔を隠していました。でも社員旅行で温泉に行ったときに、スッピンを同僚に見られて
「ニキビが結構あるんだね!もっと綺麗な肌かと思った」と言われてしまったのです。
その時にニキビ肌だということがばれて、ちょっと嫌な思いをしました。
でも開きなおって「そういう年頃なのでしかたないですよね」と言い返した記憶があります。ニキビと言うとね、この前は二の腕がブツブツになって焦ったことあります( ;∀;)二の腕 ブツブツ 薬塗ってなんとか今はすべすべになっているんだけど、まさかの事態に焦りましたね。保湿って大事よ。

今度はイネ科の花粉がきてます

やっと春の花粉症が収まってきたと思っていたら今度はイネ科の花粉が徐々にきていますね。外に出るとわかるんです( ;∀;)
鼻がムズムズ、目がチカチカしてきました。これはすでに飛び始めているなーと思いながら家の中に入ったけど、くしゃみが止まらなくなりましたね。
外に洗濯ものを干すのはやめようと思う。
あとは耳鼻科に行かないとな。薬が無くなってきましたし、イネ科の花粉症の薬となるとやっぱり違うんですよね。

でもあの耳鼻科混んでいるからあまり来たくないんですよね~半日がつぶれてしまう覚悟で行かないとダメなんです。
他にも耳鼻科があるんだけど、先生が優しい説明をちゃんとしてくれるので人気なんですよね。

 

長年、超乾燥ボコボコ肌で悩んでいました・・・・

わたしは根っからの超乾燥肌です。年齢はオフレコにしたいのですが(汗)40歳後半の主婦です・・・
超乾燥肌なものでガンガンに暖房を効かせた冬の部屋とか、ありえません。
干からびます。。まじに。
肌がパッキパキになります。多分、見た目でもわかるのではないかというくらいに乾燥してしまうのです。
ファンデーション後は化粧は浮いちゃうし、パサパサしちゃうし本当に苦手なんですよね~夏とか冬とか。鼻 毛穴 黒いのも気になっているけど、まずはしわとか気になりますよね(-_-;)
そんな超乾燥肌のわたしが愛用しているのが「海のブレア」。

化粧品って実際に自分の肌につけてみないと合うか合わないかわかりません。
ネットの口コミとかで評判良くても、実際に購入して使用してみたらガッカリ・・・なんてこともよくありますし。。。
なので、わたしはいつも即効で試してみます。トライアルセットがあればホント速効です!
あいにく海のブレアにはトライアルセットはありませんでしたが、早速注文してみました。
成分開発の様子や上手な使い方のコツのパンフ。
喜びの声の直筆パンフなどが同梱されていました。

ちなみに定期お届けコースで購入したほうがお得です。

  • 特別価格10%OFF
  • 全国一律送料630円が無料(しかも各種手数料無料)
  • 2回目からのお届け停止OK
  • 好きな日に定期的に自動お届け
  • 同梱する商品や数量を自由に変更可能

これだけお得ですので^^↑
もし自分に合わないと感じたらすぐに定期お届けをキャンセルすればいいだけです。(こんなこと言っちゃっていいのかな・・・)

 

睡眠って大事

最近はなるべく23時までには寝るように心がけています。
ここ3日ほどはちゃんと23時までには布団に入れています。というのも新聞の広告に血液を濃くするには23時までに寝るだけでいいと書かれていたからです。
行列のできる漢方薬局の薬剤師さんが書いた本に睡眠のこともかいてあるようですごい気になっています。血液をサラサラにするだけじゃ意味がなくて血液を濃くしないと本当の健康体とは言わないようです。
血液を濃く・・・・果たして私は血液は濃いのでしょうか?
よくわからないけどたぶん濃くはないと思います。なんかそんな感じ( ;∀;)
だから23時までに寝るだけでイイと書かれていたのでそれを信じて続けようかなと。

それでね?23時までに寝るようになってから睡眠時間が長くなった分なのか分からないけど日中も眠くならないし体の調子が良いです。
そのことを旦那に言ったら旦那も夜更かし常習者なのに昨日から早く寝るようになりました。早く寝るのはいいけど私にちょっかいだすのはやめてほしいわ~
眠れないからさー

 

非常識にもほどがある?!空気が読めないおよばれ女子のドレス

現在35歳の主婦です。
数年前、パート先での話ですが、とある月曜日、私より少し遅め出勤のSさんが、ぷりぷりして「ちょっと聞いてよ!」と言ってきました。
彼女は20代後半ですが、いくつものバイトを掛け持ちしています。

日曜日は、専門学校で資格を取ったと言うブライダル・コーディネーターのお仕事へ。アシスタントとして、近県色々な所へ行くのだそうです。
「昨日も式の仕事で〇市へ行ってきたんだけど、そこでとんでもない女を見たの。」
チャペル式に続く、小規模のホテルレストランでの披露宴パーティーだったのですが、新郎の友人と思しき若い人々のグループにぎょっと目を引く女性がいたのだそうです。

年の頃は20代半ば。真っ白な、レースの装飾ゆたかなワンピースを着ていたのだそうです。
これには私も驚いて口を開けてしまいました。
結婚式の暗黙の決まりとして、招待客の女性は白い色は着ないものです。
その他、明るい色は何でも着てかまわないのですが、白だけは花嫁の色として、かたく守られるべきなのです。

「それで私もリーダーもびっくりしたんだけど、その人それだけじゃなかったの!後ろを向いた所をみたら、なんとアップ髪に白いバラをたくさんつけて、まるで新婦みたいだったんだから!」

私が花嫁だったらもんどりうったかもしれません。
もういい大人と思われるのに、話を聞くだけでも非常識な女性です。
ふと、こんな「にせ花嫁姿」をしている小さな女の子の姿を、欧米の挙式風景をうつしたTV番組で見たことを思い出しました。
確かに、ごく小さな女の子なら、お嫁さんのコスプレをしても許されます。ですが大人がしたら…これは未来への禍根としかならないでしょう。
知らずにしているのか、知っていてわざとしているのか。
Sさんが私に愚痴りたくもなる、その嫌な後味、わだかまりがありありと感じられました。花嫁で思い出したけど私も出産間近の友達に可愛い授乳服プレゼントするの忘れてました( ;∀;)
危ない危ない・・・

 

休みだけど風が強いので外出控えるのだ。

風が強いので外出している人も少ないようですね。
だってすごい風なんですもん( ;∀;)
飛ばされるくらいに強い。いろんなものが飛んでくるので怖くて家に入りました。
こういう日はおとなしく家に居たほうが安全だ!
それなのにうちの娘は友達と遊ぶ約束したとかで朝早くに出かけていきましたね~若いってすごいな。
こんな天気でも関係ないんだね。なんか新学期になって新しい友達ができたみたいです。ちょっと安心しました。
クラスのみんながクールな人たちが多いと娘に聞いていたので大丈夫かなーって思っていたので仲の良い友達ができたことは安心材料ですわ。

 

スイーツの力は偉大だ!

私は小さい頃からどちらかと言えばお父さんっ子で、何かにつけて父に甘えて遊んでもらっていました。そして毎年父の日には母と一緒にケーキを作って父へプレゼントし、それを家族で一緒に食べるというのが恒例でした。

しかし私が中学生になる頃に父に癌が見つかり、余命幾ばくも無いという事が解りました。父はどんどん痩せていき、とうとう病院のベッドから出られない程弱ってしまったんです。
私はそんな父を見るのが怖くて、現実を認めたくなくてお見舞いへ行かなくなってしまいました。

あと数日で父の日、いつもならそろそろ母と今年はどんなケーキを作るか相談を始める頃ですが、そんな事を考える余裕もありませんでした。
けれど母から「お父さんが、今年も父の日のケーキが食べたいなって言ってたよ」と言われ、このままケーキを作らないままじゃ後悔するかもしれないと思って、父の一番の好物のチーズケーキを母と一緒に作りました。
病院食以外は食べる事が出来ませんし持ち込みも出来ないと言われていたので、そのケーキの写真を撮って父に見せる事にしました。

父の日当日、病室へ行くと父は「やっと来たか」とニコニコ笑いながら言ってくれました。
そして「どんなケーキにしたんだ?」と目をキラキラさせながら、作ったケーキの写真を見てくれました。
その日は久しぶりに父とゆっくり話せて、父からも「最高の父の日だな、早く治して今度はちゃんとケーキを食べるからな」と言ってもらえました。
その後父は主治医の先生も驚く程の速さで病気を克服し、無事退院する事が出来ました。余命も残り僅かと言われていたのが嘘のようで、嬉しかったのを覚えています。
父は「また父の日を家族揃って迎えたいから頑張ったんだ」と言っていて、あの日父の日のケーキを作って本当に良かったと心から思いました。
これが私の忘れられない父の日の想い出です。スイーツって意外な力があるかもしれないと思ってそれからは母の日ギフト スイーツも贈るようにしています。