非常識にもほどがある?!空気が読めないおよばれ女子のドレス

現在35歳の主婦です。
数年前、パート先での話ですが、とある月曜日、私より少し遅め出勤のSさんが、ぷりぷりして「ちょっと聞いてよ!」と言ってきました。
彼女は20代後半ですが、いくつものバイトを掛け持ちしています。

日曜日は、専門学校で資格を取ったと言うブライダル・コーディネーターのお仕事へ。アシスタントとして、近県色々な所へ行くのだそうです。
「昨日も式の仕事で〇市へ行ってきたんだけど、そこでとんでもない女を見たの。」
チャペル式に続く、小規模のホテルレストランでの披露宴パーティーだったのですが、新郎の友人と思しき若い人々のグループにぎょっと目を引く女性がいたのだそうです。

年の頃は20代半ば。真っ白な、レースの装飾ゆたかなワンピースを着ていたのだそうです。
これには私も驚いて口を開けてしまいました。
結婚式の暗黙の決まりとして、招待客の女性は白い色は着ないものです。
その他、明るい色は何でも着てかまわないのですが、白だけは花嫁の色として、かたく守られるべきなのです。

「それで私もリーダーもびっくりしたんだけど、その人それだけじゃなかったの!後ろを向いた所をみたら、なんとアップ髪に白いバラをたくさんつけて、まるで新婦みたいだったんだから!」

私が花嫁だったらもんどりうったかもしれません。
もういい大人と思われるのに、話を聞くだけでも非常識な女性です。
ふと、こんな「にせ花嫁姿」をしている小さな女の子の姿を、欧米の挙式風景をうつしたTV番組で見たことを思い出しました。
確かに、ごく小さな女の子なら、お嫁さんのコスプレをしても許されます。ですが大人がしたら…これは未来への禍根としかならないでしょう。
知らずにしているのか、知っていてわざとしているのか。
Sさんが私に愚痴りたくもなる、その嫌な後味、わだかまりがありありと感じられました。花嫁で思い出したけど私も出産間近の友達に可愛い授乳服プレゼントするの忘れてました( ;∀;)
危ない危ない・・・

 

コメントは停止中です。